鉄町の郷土芸能「鐵古典獅子舞」と「鐵囃子連」の紹介

鉄町の郷土芸能には、「鐵古典獅子舞」と「鐵囃子連」があります。
それぞれの特徴は鐵古典獅子舞は3頭の獅子頭による獅子舞踊り
と歌が入り、構成人員は23名以上になります。したがって準備に
時間がかかる事と舞の時間が1時間以上になるなどの特徴があります。
鐵囃子連は御囃子と「獅子」「飄男」「おかめ」「抓面」の踊り
などがあり構成人員も少ない。

鐵古典獅子舞は2年に1回鉄神社大祭の時に舞が行われます。詳細に
ついては鐵古典獅子舞保存会ホームページの中に書かれています。
鐵囃子連は鉄町の正月行事として各家々を回り厄払いを致します。
また宗英寺や鉄小学校、老人ホームなどの施設や舞の依頼を受けた
とこなども踊りに行きます。また10月に行われる鉄神社大祭の時も
祭囃子として行われます。

いつ頃から始められたのか

古老の言い伝えによると江戸時代慶長の頃で、江戸時代末期には
既に盛んだったという。明治の末期より昭和の戦前頃までは村
の青年団 の一つの行事であった。戦後は農業の後継者が少なくなり、
同好の人たちの組織で正月の厄払いと神社祭典舞、郷土芸能の発表会などへ
出演して戦前に勝る活躍をしている。現在では鐵古典獅子舞及び鐵囃子連は
保存会を設立し、随時後継者を募集しています。

更新情報・お知らせ

2013/12/12
ホームページリニューアルNEW
鉄囃子連保存会 会員募集について
横浜市の民俗無形文化財に指定され20年以上になりますが、
現在、後継者が不足しております。鉄(くろがね)の郷土
芸能の素晴らしさを一緒に学び、継承していただきたく
会員を募集しております。年齢、男女は問いません。どなたでも
気軽に参加できます。
練習日  毎週火曜日8時から10時まで鉄文化会館で
練習をしています。8時30分頃直接会館に来て下さい。

SUB MENU

紙芝居(鉄町の伝説)

鉄町の郷土芸能

鉄町の古くから伝わる鉄古典獅子
舞とお囃子があります。鉄古典獅子舞
ホームページはここをクリック
お囃子は鉄囃子連保存会ホームページでここをクリック。

鉄町の伝統行事

上鉄どんど焼き、毎年1月14日
前後の日曜日または休日に行われ
ます。

2014年は1月12日(日)に 行われます。

上鉄どんど焼き風景